自己紹介と教室への想い

はじめまして!絵画造形教室アトリエTeru代表の照屋です。

今日からこのブログで教室への想いや、レッスンの様子などをお伝えしていきたいと思います。


まず初めに自己紹介をさせて下さい。

私は小さい頃から絵を描くことや物を作ることが大好きな子供でした。

美大を出てからは企業でジュエリーの商品開発などの仕事をしましたが、

結婚後、二度の出産で退職をし、子供を対象にした絵画教室で講師の仕事を始めました。


そこで子ども達に絵を教える事の楽しさや、やりがいを感じると同時にある不安を持ちました。それは、子ども達がいつも『正解』を求めているという事です。


『正解』を求める子ども達

『次は何色で塗ったらいいですか?』『ここには何を描いたらいいですか?』

そう質問してくる子が多いことに驚きました。もちろん見栄えのいい作品にするには

この配色がいい、こんな形が良いというのはあります。


ですが、どんな作品にしたいか、何を表現したいかを決めるのは子ども自身です。

そこに正解はありません。だから私は、『あなたはどうしたい?』を問いかけるようにしてきました。けれど課題が自由になればなるほどどうしたら良いかわからない子が多いのです。


講師が全てを決めてしまうのは簡単ですが、その作品はその子のものではなくなってしまいます。また、そうすることが一番良くないと思うのは、その子が自分に『自信』を持てなく

なってしまうからです。

完成した作品がどんなに出来栄えの良い作品だったとしても、人から与えられたものでは自分の中の『自信』は増えません。


絵画造形教室を通して伝えたい事

教室を通して伝えたい事は、単に絵を上手く描けるようにすることではありません。見栄えの良い作品を目指すことでもありません。

私は様々な造形活動によって子ども達の

『自己肯定感』を高めていきたいと思っています。


自分の中から湧き出てきた色や形、様々な表現を通して、自分自身を発見する事。

ほんの小さなアイディアでもいいです。

子どもの内側から出てきたものを一つ一つ大切に拾い上げ肯定していくことで、その積み重ねが自信に繋がっていくと思っています。




子ども達が生き生きと楽しみながら創作活動ができ、

本来持っている想像力を存分に発揮できる場所でありたいと思い

このアトリエを開設しました。


どうぞよろしくお願いいたします。

​記事