作品は自分の分身?

アトリエで出来上がった作品を持って帰るときに『鞄に入れて持って帰ろうね』と声をかけても絶対に手に抱えて離さない子がいます。


「家に帰ってお父さんに見せる!」と言ってニッコリ笑顔で満足して帰る子もいます。


そんな子ども達を見るといつも『作品はその子の分身なんだなぁ』と思います。


作品を作るとき子供たちは皆、自分の好きなもの、大切なものを描こうとします。


自分の好きな色、形、

自分が大好きな動物や乗り物、お花、

自分の大切な人、お母さん、お父さんだったりします。



作品にはその子の『好き』がいっぱい反映されています。




だから作品はその子の分身、その子自身なのです。


それをいつも心において大事に丁寧に接していきたいと思います。


​記事